近年のお絵かきには必須の液タブ!レンタルもあるようだけどどんな時に使う?

漫画やイラスト、いわゆるお絵かきもどんどんとデジタル化してきました。

まだアナログで書いている人もいますし、アナログならではの筆致の魅力に取り憑かれている人ももちろんいます。

しかし時代は確かにデジタルに移行しつつあるのです。

絵を描く者にとっては、液タブは無くてはならない道具になってきたのです。

液タブもペンタブも

この手の、要はお絵かき用のデジタル機器、液晶タブレット通称液タブと、ペンタブレット略してペンタブの2種類があります。

簡単に言えば、液タブの場合直接画面に、紙に絵を描くように描いていきます。

ペンタブの場合は、タブレット上でペンを動かしてでも、それが表示されるのは別のパソコン上になります。

特にこれまで紙に絵を描くのがメインだった人が、デジタルに移行する場合は液タブのほうがとっつきやすいですね。

完全に同じ感覚で絵を描くことは出来ませんが、それでもペンを走らせているところに絵ができあがるというのは、感覚的にはアナログと同じです。

なので液タブを1つくらいと考える人は、まだアナログで絵を描いている人でも、候補に入れているものです。

とは言えこの液タブ、精密機器だけあってそれなりの値段もします。

ペンタブだともう少し安いのですが、アナログ的な描き方をしたい場合には、やはり液タブでしょう。

でもお試し用に購入したりして、もし使わない買った場合には、ちょっと冗談にならない出費にもなるのです。

いっそレンタルでの液タブの利用は

世の中のエコブームもあって、レンタル業界は花盛りです。

もちろん液タブやペンタブのレンタルサイトも、増えつつあります。

どんな人が利用するのに便利なのでしょうか。

液タブでお絵かきをした場合の感覚を掴む

極端に分かれますが、これから本格的にイラストレイターとか漫画家の道を進もうという人や、すでにプロだけどまだアナログで描いている人の液タブ入門の時です。

どちらもある意味、液タブについては初心者ということですね。

逆にプロでアナログを貫いてきた人の場合、こちらの方が慣れるのに時間がかかるかもしれません。

でもどちらにしても、最初はどんなものか試してみたいものです。

家電量販店などでも、試用することは可能ですが、やはりゆっくりと試したりすることは出来ませんね。

いつもの作業環境で、じっくりと試したいものです。

そうした場合に、レンタルの液タブが実力を発揮します。

3泊4日くらいでレンタルをすれば、感覚を掴むにもある程度慣れるにも充分な時間がとれます。

新製品のお試しをする

デジタル機器の進歩は、とにかく早い、あっという間に新しいバージョンのものが出てきます。

できればこうした品は、新しい物を使いたいと思いますね。

とは言え、初期よりは全体的に値段も下がった液タブやペンタブですが、それでも新製品はかなり高額になります。

これをいちいち購入していたのでは、いくらお金があっても足りません。

もし購入して、前のバージョンのマイナーチェンジだったらがっかりしますね。

そんな場合にも、レンタルが活躍します。

レンタルでまずお試しして、大きく仕様変更とか、性能の向上があった場合その後の購入への決定がしやすいですね。

新製品のお試しには、レンタルがおすすめです。

その時だけ必要な場合

イベントなどでどうしても、デジタル機器でのお絵かきが必要な場合、レンタルでの液タブ使用がおすすめです。

普段はそれほど利用しない、もしくはアナログでの制作をしている人の場合、一時的に必要になった時だけレンタルすると、コスパよく液タブが使用できます。

購入したけど使わない、部屋の隅でホコリを被ってしまう、置物と化すなどでは、今度は必要な時に動かないなどのトラブルが出てきます。

必要な時だけ必要な日数レンタルすると、コスパもよく最新の機器がメンテした状態で借りられるので、おすすめですね。

レンタル料ってどの程度が相場気をつけることは

でも気になるのはレンタル料や、借りる上で気をつけることですね。

料金はもちろん、液タブのサイズや製品によっても値段が違ってきます。

13インチで3泊4日程度なら

レンタル会社によって料金の違いはありますが、液タブの場合13インチのもので販売価格10万近くのものでも、3泊4日で13000円程度でレンタルが可能です。

もっと安く提供してくれている会社もあります。

よく比較して選ぶのがおすすめです。

またこの時、配送料や集荷に関しての料金が含まれているかどうかも、予めチェックしておくことをおすすめします。

レンタル会社によっては別料金になっていることもあるので、気をつけてください。

増え来てきたとは言え

液タブのレンタルサイトも、増えてきてはいます。

しかし専門機器だということもあって、あまり数が多いとは言えません。

なので安くレンタルを提供してくれていいるお店の場合、結構品切れつまり貸し出し済みが多いのです。

早めに抑えておかないと、人気機種は在庫切れになっていますので注意が必要です。

まとめ

液タブのレンタルというのは、かなり状況によっては役に立つものです。

元の値段自体が決して安いとは言えないのが、液タブです。

場合によってはうまくレンタルを利用して、コスパよく使うようにしたいですね。

特に液タブ初心者の場合、お試しとしてのレンタルは有用ですので、利用してみて下さい。