液タブ(液晶ペンタブレット)のメリット・デメリットと選ぶ際のポイント

液タブ(液晶ペンタブレット)を初めて購入する方は、液晶ペンタブレットは便利でイラスト作成が快適に行えるというイメージは想像しやすいと思うのですが、細かい部分までは知らないという方も少なくないと思います。

そこで、この記事では液晶ペンタブレットを購入する前に知っておきたいメリットやデメリット、選ぶ際のポイントといった基本的な情報を紹介していきます。

液タブ(液晶ペンタブレット)のメリットとデメリット

イラストを作成するアイテムとして多くの方が取り入れている液晶ペンタブレットなのですが、いざ取り入れることを考えた場合は利便性や表現力の飛躍といったプラスの要素だけではなく、マイナスの要素も同時に考慮する必要があります。

そこで、まずは液晶ペンタブレットにおけるメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

液晶ペンタブレットのメリット

液晶ペンタブレットは、液晶モニターとタッチパネルが別々になっているのではなく、タッチパネルに専用のペンで描いた部分がそのまま表示されるという点が大きな特徴となっており、液晶ペンタブレットの最大のメリットとなっています。

この特徴は、従来の紙とペンを使用して描くアナログ作業と比べて違和感がとても少なくなっており、液晶ペンタブレットを初めて使用する初心者でも馴染みやすいですし、自身のイラスト作成の技量を発揮しやすくなっています。

また、操作方法も簡単なものが多くあり、液晶ペンタブレットに搭載されている様々な機能を利用することで表現力の幅も大きく広がっていきますので、創作意欲の向上も見込める点も液晶ペンタブレットの利点の一つと言えます。

液晶ペンタブレットのデメリット

液晶ペンタブレットにおけるデメリットは、高額なモデルが多くなっており、求める機能性にこだわりがあるほど初期費用がかかってしまうという点です。

そのため、仕事で使うというわけではなく、趣味でイラスト作成を行う方にとっては購入しにくい価格だと思ってしまう可能性があります。

ただし、スペックが抑えられたモデルでリーズナブルな価格の液晶ペンタブレットもありますので、メーカーやスペックにそこまでのこだわりが無い方でも購入しやすい製品もありますし、初めて液晶ペンタブレットを購入しようと考えている方は基本的な機能が搭載されたモデルから調べるようにし、そこから自分に必要な機能と液晶ペンタブレットの価格を参照してコストパフォーマンスの高いモデルを選ぶことで液晶ペンタブレットにおけるデメリットを軽減させることができます。

液晶ペンタブレットを選ぶ際のポイント

液晶ペンタブレットを購入する場合、目的や用途、利便性などに関連するポイントが複数あり、それらを取捨選択しながら性能とコストパフォーマンスのバランスを考えたながら購入することになります。

それを踏まえまして、ここからは液晶ペンタブレットを購入する際の選ぶポイントについて紹介していきます。

液晶ペンタブレットのサイズ選び

液晶ペンタブレットは、液晶画面の大きさがそのままイラストを描く紙の役割となっていますので、液晶ペンタブレットを使用したイラスト作成においてはサイズ選びが重要なポイントの一つとなっています。

このサイズ選びは、より大きいサイズを選ぶことをおすすめするのではなく、目的や自宅の状況によって異なってきます。

本格的にイラストを作成する場合は、19インチ以上の液晶ペンタブレットを選ぶのが望ましく、サイズの小さい製品と比べて細部まで意識した作業に適しています。

その反面、サイズが大きいものはスペースを取りますし、重さも増しますので作業場にあるデスクに常設した状態になることが想定されますので、その意味でも仕事でイラストを作成する方におすすめなのが大きいサイズの液晶ペンタブレットとなっています。

一方、趣味として楽しみながらイラストを作成する方に対しては、重量も軽くて収納しやすい13インチ程度の液晶ペンタブレットがおすすめとなっています。

液晶ペンタブレットの筆圧レベル

液晶ペンタブレットにおけるイラスト作成で重要な要素の一つが筆圧レベルとなっており、筆圧レベルの数値が大きいほどタッチした時の感度が高くなります。

この筆圧レベルは、液晶ペンタブレット用のペンで描いた際の強弱を読み取る指針となっているのですが、筆圧レベルが高いモデルは価格も高くなってしまう傾向にありますので、本格的にイラスト作成する方は2000以上、趣味で楽しむ方は1000程度を目安に選ぶことをおすすめします。

液晶ペンタブレットの描写できる再現率

液晶ペンタブレットによるイラスト作成は、描くだけが全てではなく、作成したイラストをプリントアウトすることも重要な要素であり、これはプロのイラストレーターのみならず趣味で楽しむ方にとっても描いたイラストを満足した形でプリントアウトしたい気持ちは同じだと思います。

そこで重要なのが描写できる再現率(Adobe RGBカバー率)となっており、この再現率が高いほどプリントアウトされた時の色彩の差が小さく抑えられ、再現率が低くなるに連れて液晶ペンタブレットでこだわって色彩を描いたイメージとは異なる形でプリントアウトされてしまいます。

そのため、プリントアウトした時の完成度にこだわりを持ちたい方ほど再現率の高いモデルを選ぶのがおすすめとなっており、仕事でポスターやチラシなどを作成する場合はAdobe RGBカバー率が90%以上のモデルを選ぶのが望ましくなっています。

液晶ペンタブレットのショートカットキー

液晶ペンタブレットの操作は、キーボードではなく画面上で操作を行いますので、ショートカットキーの有無によって利便性や時間効率が左右されます。

そのため、自分が使いやすいように機能をカスタマイズして作業効率を上げたい方はショートカットキーの有無や、本体に搭載されている数を確認しておくことも必要となっています。

液晶ペンタブレットで描いた際の遅延時間

液晶ペンタブレットで描く場合、液晶ペンタブレット用のペンを操作して描いていくのですが、ペンをタッチさせてから液晶ペンタブレット上に描画されるまでには時間差が生じます。

この描いた際の遅延時間が大きくなることにより、作業中にストレスを感じるようになってしまう可能性がありますし、タイムラグが原因でイメージ通りのイメージが描けない場合もありますので、快適に液晶ペンタブレットを使用したい場合は対応速度が8ms程度のモデルを選ぶことをおすすめします。

液晶ペンタブレットの接続方式

液晶ペンタブレットは、ご家庭にあるパソコンに接続することも考慮する必要があり、パソコンとの接続方法が合わないと購入した液晶ペンタブレットが使用できない状況になっしまいます。

一般的には、HDMIケーブルと映像ケーブルが必要な場合が多くなっているのですが、液晶ペンタブレットによって端子が異なる形状のモデルもありますので、パソコンに搭載されている端子を事前に確認してから液晶ペンタブレットを選択することもポイントの一つとなっています。

ただし、液晶ペンタブレットとパソコンの端子が合わないからといって気に入った液晶ペンタブレットの購入をあきらめる必要はなく、変換ケーブルを使うことによって対応することができますので、液晶ペンタブレットとパソコンの接続に関しては同じ端子を揃えるのが望ましいという程度で考えてください。

まとめ

この記事は、液タブ(液晶ペンタブレット)のメリットやデメリット、選ぶ際のポイントについて紹介してきましたが、液晶ペンタブレットは作業スペースや作業スタイルによって求める製品が変わってきますので、まずは作業する状況をイメージすることが液晶ペンタブレット選びには重要なポイントとなっています。